企画

楽器屋を創業します

最近音楽が楽しくて仕方がなくなっていますぶっとび先生ことやまじです。

最近ツイッターを見ていたら友人がこんな呟きをしているのを発見しました。

そしてこれを見て決めました。

私、楽器屋さんを作ろう。

 

どんな楽器屋?

場所は名古屋芸術大学音楽キャンパスのすぐ近くにしようと考えております。

私はこの大学に中学生の頃から大学主催のジャズの演奏会に出演したり、ビッグバンドサークル “Jampa Swing Orchestra” に名芸生でもないのにメンバーとして活動させていただくなど、1秒たりともそこの学生になったことはないのに人生の半分近くお世話になってきている大学です。

Jampa Swing Orchestraの詳細をチェック!

すでに需要があることがわかりきっている&恩返しをしたいこの場所でやろうと決めました。

 

肝心のどんな楽器屋かと言いますと音大生に向けたビジネスで、すでに楽器を持っている人が大半なので楽器本体は販売しません。

どちらかというと楽器整備用品を主とした音楽用品店です。

楽器に注すオイルや木管楽器のリードなどの必需品や消耗品を授業前に必要なのにない!!と焦る時にサッと買いに行けるような場所を作ります。

なんでやるの?

プロフィールにも書いているのですが、私の夢はタイで音楽室を開くことです。

高校3年生の時にタイに留学中現地のマーチング隊に所属し音楽活動をしていた時、トランペットの後輩がチューニングをするために抜き挿しする管の部分に本来はチューニングスライドオイルというものを注さなければならないところワセリンを塗っているところを見ました。

この時に楽器を正しい知識でずっと仲良く使い続けられるためのものや知識をシェアできる人になりたいと強く思い、その時からの私の夢はずっとタイのお世話になっていた地域に楽器の整備用品が揃った店と音楽教室と自由に演奏できる空間を融合させた音楽室を作ることです。

この夢のための第1歩としてまずは言葉も当たり前のように通じ、音楽のためのものが手に入りやすい日本でやってみようという考えです。

また、現在起業2年生なのですが、2年目のうちに店舗経営やオーナーという仕事について実践しながら学んでみたいという願望があり、残り半年の起業2年生の間で出来るところまで突っ走っていきます。

これからやること

やったこともない店舗経営・音楽での起業を知識ゼロからどうやっていくんだという話ですが、

 

①夢を語らせてください。

たくさん語ってたくさんの学びや経験をシェアして音楽で起業することへのハードルを下げていきます。

音楽好きさん、たくさん語りましょう。

②学びをシェアします。

店舗経営のこと、音楽のことなどをやっていく過程や学んだことをTwitterやブログでシェアしていきます。

やまじのTwitterをフォロー!

音楽をもっと自由に豊かにしたい

私は音楽が大好きです。

でも悔しいことにプレーヤーとして演奏して食べていける才能は無い。

ですが、演奏と同じくらい空間を作って人に楽しんでもらうことが好きで演奏よりかは得意です。

だから音楽をもっと自由に・豊かにする場所を作ることに専念していきます。

 

 

夢への1歩をまずは日本で。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

ABOUT ME
ぶっとび先生
ぶっとび先生
ぶっとんだ先生やってます。 音楽とチョコで生きています。 トランペットが恋人でピアノは親友。