タイ

タイの驚きマナー3選

いつもありがとうございます。
ぶっとび先生ことやまじです。

外国に行くと日本では当たり前のことが当たり前じゃなかったり、日本ではありえないと思われることが案外OKだったりと驚く瞬間がたくさんありますよね。

私もタイに1年3か月行ってみてマナーや習慣の違いに驚かされることが多々ありました。

そこで今回は私がタイで驚いたマナーについて紹介します。

なでなで禁止

小さい子供を見ると可愛くてつい頭を撫でたくなりませんか?

 

ですがタイではそれ、NGなんです。

なぜ禁止されているのかというと、仏教国タイでは人の頭の上には神様が宿っていると考えられていて、頭をなでなでする行為はその頭の上にいる神様を穢すことになると思われているためです。

どんなに親しい人でも小さくて可愛い子供でも頭上に神様はいます。
ちょっとくらいと思ってなでなでするとお母さんに怒られたりと大変な目に遭うので気をつけましょう。

仏像の前でもワーイ

ワーイ?

 

 

はしゃぐの?

という感想が普通かと思います。
ワーイとは、手を合わせてお辞儀をする行為のことを言います。

日本でもお寺に参拝に行った時などではしますが、タイでは仏像の前を通るときもこのワーイという行為をします。

留学先の高校の中にもいくつか仏像があったのですが、その前を通り過ぎる時にはワーイをしなさいと教えられ、信仰心の高さに驚きました。

また、運転中で手が合わせられない時はクラクションを鳴らすのですが、学校のすぐ近くの公園の角に仏像があり、みんなクラクションを鳴らすのでとにかくうるさくて、何も知らなかった時はそこでよく事故が起こっているのだと誤解していました。

 

年上に足先を向けてはいけない

タイは年功序列制で、年長者への敬意がとても高いです。

そして年長者への敬意が表れているマナーとして年長者に足先を向けてはいけないというものがあります。

 

年上を敬うところは日本と似ていてこの文化への適応は楽勝だ♪なんて思っていたのですが、このマナーを学んだとき、

 

目上の方ばかりのシチュエーションでご飯食べているときどこ向いて食べればええねん。

 

とまあまあ本気で悩みました。

 

 

 

床に座る場合は横座りやあぐらが足先を気にすることがなく無難でしょう。

 

まとめ

以上タイに行ったら気をつけたいマナー3選でした!

タイはマナーを重んじる国なので旅行の際は、

 

頭を撫でない
お寺や仏像の前を通る時はワーイをする
年長者(特にタイ人)に足先を向けない

に気をつけてみてください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
ぶっとび先生
ぶっとび先生
ぶっとんだ先生やってます。 音楽とチョコで生きています。 トランペットが恋人でピアノは親友。